ハンコnavigation

書体

ハンコを見て気づいた事はないですか?ハンコには同じ「鈴木」でも文字の形が違う事があります。この文字の事を書体と言いますが、書体は何種類かがあるんです。

印鑑の種類では、書体によって使い道を変えることもあり、たかが書体と思わないでください!自分の好きな書体のハンコを選ぶと良いと思います。

 

篆書体(てんしょたい)

篆書は、篆文と呼ばれることがあります。パスポートの表紙に書かれている文字も篆書で実印として使われる事が多いようです。文字のバランスが良く見た目も美しい書体で人気があります。篆書体は古代の中国から伝わり、いまではオシャレな書体と店の看板や宣伝で使われているのを度々見ます。

 

隷書体(れいしょたい)

隷書体は篆書体よりも字がハッキリしていて形がわかるので読みやすく事典の表紙など色々な場面で活躍しています。横長の書体が特徴で、文字全体的に水平に彫られてる。隷書体は乙瑛碑(いつえいひ)と、曹全碑(そうぜんひ)がある。

 

楷書体(かいしょたい)

普段の生活でも良く見る書体で、多方面で活躍している。文字を一筆書きの様に続けて書くのではなく、一画づつ話して書きます。今使われている漢字が楷書で、ホームセンターで販売されているハンコにも多く認印として使われる事が多い書体です。

 

行書体(ぎょうしょたい)

水墨画に良く使われる書体で、文字が難しく読む事が難しい。楷書で書かれているので、楷書が分かれば読む事は出来るといわれている。行書体は隷書を走り書きしたもので古代の中国では公務文書に主に使われていた。

 

草書体(そうしょたい)

早く書く書体で、一般に読む事が難しく法人のハンコとして使うことはほとんど無い。また書く人によって草書体はカタチが変わるので、独特な書体だといえます。

 

古印体(こいんたい)

古印体は古代中国ではなく日本で変化した書体で、文字の太さが太かったり細くなったり変化し、不均一なのにバランスよくまとまれてたクセのある書体で、こちらもホームセンターなどで売られているハンコに良く見られます。

 

丸ゴシック体

私が認印で使っているのも丸ゴシック体です。文字の太さが均一で読みやすく、角が丸められ見た目も可愛い書体です。偽造しやすい書体なので実印や銀行印に使うことは避けた方が良いです。

 

今までハンコの書体について気付かなかった人や、興味のある人はぜひ見てください♪種類で文字の形が大きく変わるので面白いですよ。自分と同じ名字のハンコを見比べてみよう。

ハンコの書体は、認印なら楷書体!と決められているわけではないので、自分の好きな書体を選ぶと良いでしょう。しかし、実印や銀行印など重要な役割を持っているハンコは篆書体など、偽造も難しくいようなハンコがいいです。

トップページ  サイトマップ  ご意見  
copyright C 2009  -  ハンコ NAVIGATION   - All rights Reserved.

ハンコ NAVIGATION はリンクフリーです。特に連絡は必要ありませんが、アダルトサイト等、秩序を乱すようなサイトへの貼り付けはご遠慮願います!

その際のトラブルなどにつきましては一切の責任を負いません。自己責任でお願いします。