ハンコnavigation

素材

ハンコは色々な素材で作られています。素材によっては見た目も美しく高級感を漂わせる事もあり、たかがハンコでもスゴイ素材を使っている商品もあります。

今回はハンコの素材について注目したいと思います。ハンコを購入する時の参考にしても良いんじゃないかと思います♪1本購入すると一生使う事の出来る丈夫な素材を選びましょう!ちなみに、ハンコの素材の事を「印材」と言います。

 

 

象牙(ぞうげ)

ハンコといえば象牙をイメージする人は多いと思います。ゾウのキバで作られるハンコで一般的に置く使われています。象牙はキバの使う場所によって希少価値が変わり中心に行くほど価格も高くなるようです。象牙で作られているハンコの良い所は、朱肉となじみやすい事です。また耐久性に強いので長く使えるし、長く使うほど光沢が出るので良い印材です。見た目も美しく丈夫で長く使いたいなら象牙!

 

オランダ水牛

素材はオランダ水牛のツノです、水牛によってツノの模様が替わり白っぽいハンコができたり白と茶色がマーブルのようなキレイな模様のハンコが出来ます。オランダ水牛は水牛の中でも角が硬く耐久性にも優れています。象牙の様に朱肉となじみやすくキレイに印を押すことが出来ます。模様が少なく白いハンコほど値段が上がります。しかし模様があるほうが可愛いように見えるので、どちらもオススメです。キレイな模様をしているので女性に人気の印材!

 

黒水牛

素材は黒水牛の角。ハンコの素材として多く使われている。黒いハンコと赤い朱肉のバランスがカッコよく人気がある素材で、黒く光る美しい見た目も文句なし。朱肉と馴染みが良く実印に使うことが多いです。しかし乾燥に弱いので長期間使わない時は油を塗ってコーティングしよう。見た目に威圧感や重圧感があるので男性に向いているハンコでしょう。

 

柘植(つげ)

柘植という植物かられ作られたハンコ。木のぬくもりを感じるハンコで古くから印材として使われてきました。素材が植物と言っても木なので硬いのです。しかし朱肉をの成分で傷みやすく時には欠けることもあります。丁寧な取り扱いとケアをしていれば長く使うことも出来ます。値段は比較的安く木が好きな人には植をオススメします。木目が美しいハンコ。

 

チタン

見たことがない人もいると思いますが素材がチタンのハンコもあります。チタンは鉄に比べて軽い上に丈夫で耐久性に優れて長く使うことが出来るのがメリットです。錆びることも腐食する事も無く注目の素材でしょう。朱肉と馴染みがいいのでキレイに印をしことが出来ます。他の人と差をつけたい人どうでしょう?話の話題にも使えるので営業マンにも良いじゃないですか?

 

ハンコの素材は色々あり、どれも素敵なので「この素材が良い」と断言できません。自分の好きなハンコを持つ事が1番良いでしょう。実際に手に取ると自分の好みが分かるので、お試しアレ♪

Last update:2017/1/23

トップページ  サイトマップ  ご意見  
copyright C 2009  -  ハンコ NAVIGATION   - All rights Reserved.

ハンコ NAVIGATION はリンクフリーです。特に連絡は必要ありませんが、アダルトサイト等、秩序を乱すようなサイトへの貼り付けはご遠慮願います!

その際のトラブルなどにつきましては一切の責任を負いません。自己責任でお願いします。