ハンコnavigation

印の分類

ハンコを押す時契約したときや、とある場面で『では認印が必要です』といわれた事ありませんか?きっと誰でも経験があるはず!私も何度か経験はありますが最初のころは認印の意味さえ分かりませんでした。

 

実印(じついん)

実印は市町村役場に登録したハンコの事で、実印は認印と違い重要な契約や場面で使う大切な重要なハンコ。実印は本人が契約に同意したという事を表すハンコで保険加入時や不動産の購入や違算相続など重要に場面で使われるので盗難・紛失には絶対に気をつけましょう。銀行印と同じでホームセンターで手軽に購入できるような機会で大量生産されているハンコは向いていません。ですから世界に1つしか存在しない特注で作ることをオススメします。

 

認印(みとめいん)

認印は「三文判」といわれる事もあります。宅配便や小包を受け取る時や書類に押す事が多く活躍度の高いハンコなので社会人でなくても学生さんや主婦も持っていると役に立つと思います。認印は銀行印・実印とは別のハンコになります。兼用するのは止めておいたほうが良いでしょう。

重要書類や大切な契約で使わないし気軽に押すハンコで特注で作らなくてもOKで、ホームセンターに売っているハンコでも問題ありません♪重要書類や大切な契約などに使わない様に注意してください。

 

銀行印(ぎんこういん)

銀行印は銀行に登録するハンコで大切なハンコだと言ってもいいでしょう。ですから認印や実印と同じハンコを利用するのはダメですよ。ホームセンターに売っているような誰でも手に入るようなハンコではなくとく特注の特別なハンコにすると良いでしょう。銀行印はお金を引き出す時に使われます。通帳とセットにして保管するのは危険ですよ!!

 

角印(かくいん)

角印は個人でなく会社(組合・商店)が社印として使うハンコの事で名前の通り角のある四角いハンコです。社内文書や注文書など特別重要でない書類や場面で使われます。角印は会社名だけが彫られています。簡単に言うと会社の認印です。

 

代表者印(だいひょうしゃいん)

代表者印は『会社の実印』で会社の代表が使うハンコで大切な契約で使うハンコで個人のハンコよりも重要な役割を持っているので職人の手作りハンコを使う代表は多いようです。悪用されないためにも特別なハンコに仕上げるほうが無難です。契約書にはんこを押す場合名前の横にハンコを押すのではなく、名前と少し被さるくらいの位置にはんこを押すと良いでしょう。会社は法務局に登録をする必要があります。

 

職印(しょくいん)

会社の役職が主に利用するハンコで○○行政書士之印・司法書士△△之印・□□代表取締りのように職名と名前が彫られています。ある職についている人が多く使います。

 

天然石(パワーストーン)印鑑

これは印鑑というよりハンコ、印材の種類ですがパワーストーン印鑑といったものがあります。 文字通りパワーストーンを印鑑型に成型したものです。パワーストーンブレスレットと同じように開運・幸運グッズとしての使い方もありますがブレスレットより実用的で、契約などでももちろん使えます。価格は、残念ながらパワーストーンブレスレットほど安くありませんが、滅多に変える物でもないのでちょっぴり贅沢でもいいと思います。

Last update:2017/3/30

トップページ  サイトマップ  ご意見  
copyright C 2009  -  ハンコ NAVIGATION   - All rights Reserved.

ハンコ NAVIGATION はリンクフリーです。特に連絡は必要ありませんが、アダルトサイト等、秩序を乱すようなサイトへの貼り付けはご遠慮願います!

その際のトラブルなどにつきましては一切の責任を負いません。自己責任でお願いします。